アマルフィ海岸のベストガイド!アクセスから観光・厳選ホテルまで


「一度は行ってみたい憧れのアマルフィ!!・・・だけど行き方がよくわからない。なんとなく大変そう。」

どうやって行く?アマルフィ

「アマルフィと言っても、どの町に行ったらよいのか、どう周ればよいのか...」

「そもそもアマルフィ海岸って行く価値あるの??」

など悩みはつきないあなた。

このページでアマルフィ海岸の観光について詳しくガイドいたします。

アマルフィ海岸への行き方、見どころ、ホテル、レストランなどこのページを読んで、アマルフィ海岸の観光を完全マスターしましょう!

目次

  1. アマルフィ海岸への行き方
  2. おすすめの時期は?
  3. アマルフィ海岸の観光と見どころ
  4. アマルフィ海岸厳選ホテル
  5. 美味しいレストラン特集

アマルフィ海岸への行き方

アマルフィ海岸に一番近い中継都市はナポリ。
よって、ここではナポリからアマルフィ海岸までのアクセス方法をおさらいします。

ナポリから直行で行く方法は専用車以外にはないため、少々ややこしいのですが、まずは下のアクセスマップをご覧ください。

アマルフィ海岸へのアクセスマップ


列車、バス、船、車、など色々な行き方がありますが、ここでいくつかの注意点をお知らせします。

  1. ソレント-ポジターノ-アマルフィ間 ⑩、サレルノ-アマルフィ-ポジターノ間 ⑪ の定期船は夏季(4月頃~10月末)のみの運行
  2. 7-8月のアマルフィ海岸のバス④、⑦、⑧ はバス内も混みあい、道路も渋滞することが多い。座席は確保されないので立ち乗りになることも覚悟。
  3. バスの停留所と高速船の港は、ナポリ、ソレント、ポジターノ、アマルフィ、ともに離れているので乗り換えるのは困難。但しサレルノだけは駅から港は徒歩圏で、バス停も駅前です。

以上の注意事項を考慮しますと、お勧めの移動方法は、冬はバス、夏は船、となります。
それでは詳しくご案内します。

夏季のおすすめのアクセス方法

ナポリ港⇒ソレント港⇒アマルフィ海岸を船で乗り継ぎ ⑨船+⑩船

直接日本からナポリへ到着する場合は、夜の到着となりますので、専用車で移動する以外は、ナポリ市内へ一泊となります。
又はナポリを観光し翌日アマルフィ海岸へ出発の場合などは、ナポリ市内から出発することになると思います。
よって、ナポリ宿泊の後にアマルフィ海岸へ行くにはナポリ港からソレント経由で船を乗り継いでポジターノやアマルフィへ向かうのが良いでしょう。
バスと比べて料金はだいぶ高くなりますが、海からの景色も楽しめて一石二鳥です。
特にポジターノへ行く場合は、次で紹介するサレルノ経由よりも早く着きます。

ナポリ⇒ソレント 高速船時刻表
ソレント⇒ポジターノ 高速船時刻表
ソレント⇒アマルフィ 高速船時刻表

ナポリ駅⇒サレルノ駅⇒サレルノ港⇒アマルフィ海岸 列車と船の乗り継ぎ ⑥列車+⑪船

ナポリ駅からインターシティでサレルノへ行き、そこから徒歩で500mのところにあるサレルノ港(コンコルディア広場)へ。
その後、高速船でアマルフィ&ポジターノへ向かいます。


サレルノ駅からフェリー乗り場への地図


特に7-8月の夏場のバスや道路が混みあう時期は混雑を避ける良い方法です。
ポジターノではなく、アマルフィが目的地の場合は、このサレルノ経由のほうがソレント経由より近めです。

サレルノ⇒アマルフィ TRAVELMAR 高速船時刻表
サレルノ⇒アマルフィ 高速船時刻表

冬季のおすすめのアクセス方法

ナポリ駅⇒サレルノ駅⇒サレルノバス停⇒アマルフィ海岸 列車とバスの乗り継ぎ ⑥列車+⑦バス

ナポリ駅からインターシティでサレルノへ行き、駅前にあるバス停からバスにてアマルフィへ向かいます。
大型バスでくねくね道を進むのはあまり心地よくないのですが、冬季は渋滞も少なく、また船が運休なのでバスが唯一の方法となります。

但しこのバスはアマルフィまでなので、ポジターノへ行くにはソレント経由が良いでしょう。
注:サレルノ~アマルフィ~ポジターノ~ソレントを1本で結ぶ直通バスはありません。


サレルノ⇒アマルフィ SITAバス時刻表(2018年冬季)

ナポリ市内(VARCO IMMACOLATELLA)バスターミナル⇒アマルフィ ⑤バス

唯一乗り継ぎがなくナポリ市内からアマルフィへ直接行くことができる方法です。
バスが混みあわない冬季がお勧め。
但しバスはポジターノまでは行かないので、アマルフィが目的地の方へのみお勧め。


サレルノ駅からフェリー乗り場への地図


ナポリ⇒アマルフィ SITAバス時刻表(2018年冬季)

その他の行き方

ナポリ駅⇒ソレント駅⇒ソレントバス停⇒アマルフィ海岸 列車とバスの乗り継ぎ ③列車+④バス

ヴェスヴィオ周遊鉄道

ナポリ駅よりヴェスヴィオ周遊鉄道にてソレントへ。その後、駅前にあるバス停よりポジターノ、アマルフィへ行く方法です。

陸路でポジターノへ行くにはこちらが一番近いのですが、ヴェスヴィオ周遊鉄道はローカル列車のため、通勤通学の人々で混みあうことがあり、スーツケースを持った旅行者の移動には不向き。

夏季はバスが混みあうので、空いているシーズンオフがお勧めです。

ヴェスヴィオ周遊鉄道 ナポリ⇒ソレント時刻表
ヴェスヴィオ周遊鉄道 ソレント⇒ナポリ時刻表
ソレント⇔アマルフィ SITAバス時刻表(2018年冬季)

ナポリ空港⇒ソレントバス停⇒アマルフィ海岸 バスとバスの乗り継ぎ ②バス+④バス

ナポリ空港よりCURRERI社のソレント行のバスが出ています。ソレントに到着したら、バスを乗り換えアマルフィ海岸行のバスで向かいます。
空港から直接ソレントへ行くことができるのはとても魅力的。
ただ、日本からナポリに到着する場合は夜の到着になるので、そこからバスでソレントへ向かうのは不可能。
ナポリ空港に日中に到着し、そのままアマルフィ海岸へ向かいたい人に最適です。

CURRERI社バス ナポリ空港⇒ソレント時刻表


さて、主なアクセス方法をご案内しましたが、複雑な行き方に頭を抱えてしまったかも知れません。
スーツケースを抱えての移動には、どうしても専用車が一番便利です。
同じ陸路でも、大型バスのような揺れによる車酔いの心配や、のろのろ運転もなく、快適に目的地まで到着します。
どうぞご相談下さい。

お勧めの時期は?

まず知っておかなければならないのは、アマルフィ海岸はリゾート地!という事。

アマルフィ海岸のシーズン

イタリアのリゾート地のシーズンは4月(復活祭のころ)から10月中旬までです。
シーズンオフの11月~3月は多くのホテルやレストランが閉まりますので、雰囲気も閑散となります。
冬のアマルフィ海岸

冬の海の雰囲気を楽しんだり、混雑を避けてゆっくり旅をされたいのでしたら、シーズンオフも良しですが、それ以外はやはり4月~10月のシーズンがよいでしょう。

4-5月は暖かく季節もよく、まだ海水浴客でごった返すことがないので、お勧めです。5月にはブーゲンビリアも咲き始め街は色鮮やかになります。

6月と9月も季節はよく7-8月ほど混みあわないのですが、6月中旬から夏休みが始まるので、バカンス客がだんだんやってくる時期でもあります。

7-8月はバカンス真っ盛り。その分人出が多く、アマルフィまでの道や交通機関などは混みあうのが難点。ホテルもこの時期は一番高くなります。

8月のアマルフィ海岸

イタリアエクスプレスの一番のおすすめ時期は5月と9月!

アマルフィ海岸での混雑を避けるワンポイントアドバイス
  • シーズン中は土日が混みあうので公共交通機関での移動は注意。
  • 4月25日~5月1日の週はイタリアのいわゆるゴールデンウィーク。人出が多く混みあいます。
  • 6月2日とその近くの週末も連休で混みあいます。
  • 8月は全体的に混雑が必須。

アマルフィ海岸の観光と見どころ

日本人にはアマルフィの街が有名ですが、アマルフィ海岸はアマルフィだけではありません。
ポジターノからヴィエトリスルマーレまでの40キロの海岸沿いには魅力ある街が散在しています。

アマルフィ
アマルフィの街

アマルフィはどんなところ?
  • アマルフィ海岸の中心の街
  • バスや船を使って近郊の街へお出かけしたい人におすすめ 利点
  • 静かにのんびりとリゾートを楽しみたい人には不向き。 欠点

アマルフィ海岸の中心の街。ビーチだけでなく、大聖堂などの歴史的建築物や、紙博物館など見どころも多くあります。
公共交通機関の拠点になるので、フリー旅行者には便利な街です。
その分人も集まりますので、シーズン中は一番混雑するところでもあります。

アマルフィでこれだけはしたいこと
  1. 大聖堂と天国の回廊の見学
  2. 小道の散策とドルチェ
  3. アマルフィ紙の博物館

アマルフィのシンボルでもあるアマルフィ大聖堂は街の中心に建っています。
迫力ある外観ときらびやかな内装の大聖堂、そして天国の回廊と呼ばれる白い柱廊に囲まれた中庭は必見です。

アマルフィ海岸のお菓子・デリツィア・アル・リモーネ

アマルフィの小道を入れば迷路のような細い道が続きます。
観光地でありながら、素朴感が残る小道のそぞろ歩きは欠かせません。

休憩では、アマルフィ海岸名物のドルチェを食べるのも忘れないで!

アマルフィ・天国の回廊

アマルフィの繁華街から15分ほど歩くと、渓流がある水車の里の入り口にたどり着きます。
「アマルフィ紙の博物館」では、アマルフィの伝統工芸である手漉き紙の作り方を見学できるのはもちろん、中心の喧騒から離れてゆったりした雰囲気を楽しめます。

アマルフィ・紙の博物館

ポジターノ
ポジターノの街
ポジターノってどんなところ?
  • おしゃれな高級リゾート地
  • 絵葉書に出てくるような素敵な風景に出会えるところ
  • 散策やショッピングを楽しみたい人におすすめ 利点
  • 階段が苦手な人は不向き 欠点

ポジターノはセレブが集まる高級リゾート地として知られています。
アマルフィ海岸のシンボルでもあるこの風景は、ポジターノの風景です。

ポジターノの景色

街並みや海岸線もアマルフィ海岸の中で一番美しいところです。

ただ、階段の多い街なので、足腰の弱い人には不向きなところです。

階段の多いポジターノの街

ポジターノでこれだけはしたいこと
  1. 街の散策
  2. ポジターノファッションのショッピング
  3. 海からポジターノを眺める

街の入り口からビーチまで、おしゃれな小道が続きます。
カメラを持ちながらそぞろ歩きが楽しい。

ポジターノの街の散策

今や世界中に知られるおしゃれなポジターノリゾートファッション。
麻やレースをつかったロングスカートやブラウス、ハンドメイドの革サンダルはアマルフィ海岸のお土産として是非手に入れたい。
その他のお店もたくさんあるポジターノではショッピングが楽しい。

ポジターノでのショッピング

もう一つ忘れてはならないことは、海から見るポジターノのパノラマ!
断崖にへばりつくように建てられたポジターノのカラフルな家々は
海から見ると、また一段と美しい風景が堪能できます。
シーズン中は定期船があるので、船で出かけてみるもおススメです。

海から見るポジターノのパノラマ

ラヴェッロ
ラヴェッロの街
ラヴェッロってどんなところ?
  • 高台から、アマルフィ海岸の「絶景パノラマ」が見られる街
  • ロマンチックな雰囲気でゆっくりしたい人におすすめ 利点
  • 海辺のビーチで楽しみたい人には不向き 欠点

ラヴェッロの魅力はなんといっても「絶景のパノラマ」。
高台にある街なので、青い海とアマルフィ海岸の近郊の街がいっきに見られるスポットです。
パノラマを見ながら庭園を散策、
旧市街の小道をそぞろ歩き、
眺めの良いレストランで、美味しいシーフードを食べながら過ごす。
などカップルにもおススメの街です。
ビーチからは離れているので、海水浴が目的の人は、ラヴェッロには日帰り観光でお出かけしましょう。

ラヴェッロには代表的なパノラマスポットが3つあります。

  1. ルーフォロ荘
  2. チンブローネ荘
  3. ピエモンテ王女の展望台
ラヴェッロ地図

一番のおススメはルーフォロ荘。

ルーフォロ荘

街の中心にあり、敷地内は、美しい回廊や、花が咲き乱れる庭園があります。
パノラマも、有名な教会のクーポラや松と一緒に撮る、絵葉書に出てくるアマルフィ海岸の絶景パノラマ、庭園の花をバックにしたり、素敵な写真を撮ることができること間違いなしです。


チンブローネ荘は中心から徒歩10分のところにある大きな庭園。

チンブローネ荘

アマルフィ海岸のパノラマが広がる「無限のテラス」と呼ばれる展望台があります。
ルーフォロ荘からのパノラマとは違った角度のパノラマが見られます。


ピエモンテ王女の展望台は、大聖堂から徒歩5分で行ける気軽な展望台。

ピエモン王女の展望台

敷地は小さいながら、花の庭園と美しい展望が見られます。
ルーフォロ荘とチンブローネ荘は有料ですが、ピエモンテ王女の展望台は無料なのがうれしい。

チェターラ
チェターラの街
チェターラってどんなところ?
  • のどかな小さな漁村
  • アマルフィ海岸一、美味しい魚介類が食べられるところ。グルメなあなたにおススメ 利点

チェターラはアマルフィ海岸の中では、他の街よりも観光地がすすんでいないところ。

チェターラの旧市街

そのため、のどかで、少し田舎の漁村の雰囲気を味わえるところです。
特に海水浴客がいないシーズンはのんびりとしています。

チェターラの漁船

もちろん雰囲気だけでなく、漁村なだけに新鮮な魚を使ったお料理が味わえます。
チェターラの名物はコラトゥーラと呼ばれるイワシの魚醤。

コラトゥーラの製造

コラトゥーラの瓶詰め

コラトゥーラのパスタ

コラトゥーラの風味が効いたシンプルなパスタが美味しい!


美味しいレストランでお食事をして、お土産にコラトゥーラを買えば、それだけでチェターラに来た目的を果たせます。

ヴィエトリ・スル・マーレ
ヴィエトリ・スル・マーレ
ヴィエトリ・スル・マーレってどんなところ?

マヨルカ焼きの陶器の街として有名です。
アマルフィ海岸の宿泊地から車やバスでお出かけするのにちょうどよいところ。
日帰り観光が楽しめます。

ちょっとひなびた街の至るとこにマヨルカ焼きの装飾があるので、
素敵な写真が撮れそう!

ヴィエトリの街並み

街角のマヨルカ焼き

マヨルカ焼きの水飲み場

ヴィエトリのシンボル・ロバ

壁一面のマヨルカ焼き

もちろん街中にはたくさんの陶器のお店が並んでいるので、南イタリアの思い出の一品を見つけられるかも。

マヨルカ焼きのお店

マヨルカ焼きのお土産

中心から少し離れていますが、陶器博物館もあります。
時間があれば是非立ち寄りたいところ。

エメラルドの洞窟
エメラルドの洞窟

アマルフィとポジターノの間にあるエメラルドの水の色をした洞窟。
アマルフィ海岸の観光客の多くがこの洞窟を訪れます。
手漕ぎボートで10分程度の見学ですが、美しいエメラルド色の水を見たり、洞窟内の奇岩を眺めたり、
楽しく過ごせるスポットです。

アマルフィから船で行くツアーと、市バスで洞窟上の停留所まで行き、エレベーターで洞窟へ降りる方法と2通りあります。

ソレント
ソレントの街

ソレントはアマルフィ海岸の圏外になりますが、隣接していてとても素敵な街なので、拠点にすることもできます。

ソレントってどんなところ?
  • 断崖に建つ風光明媚なリゾート地
  • バスや船を使って近郊の街へお出かけしたい人におすすめ 利点
  • シーズンオフの時期に訪れたいひとにもおススメ 利点

ソレントは列車、バス、船の発着地なので、ここを拠点として、アマルフィ海岸、カプリ、ポンペイなどの観光をすることができます。
お店やレストランなどもたくさんあります。
アマルフィ海岸との違いは、シーズンオフでも一年を通して活気があること。
そのため、シーズンオフだけどアマルフィ海岸に行きたい人は、ソレントを拠点にするのもおススメです。

賑わうソレント市内

ソレントでこれだけはしたいこと
  1. ナポリ湾を一望するパノラマ!
  2. 街のそぞろ歩き
  3. ソレント料理に舌つづみ

ソレントに来て絶対見逃せないのは、展望台から臨めるナポリ湾の絶景パノラマ。
下を見ると断崖の下にビーチ、右手にはソレントの街並み、ソレント半島、そしてヴェスヴィオ山が一望できて、絵葉書のような美しいパノラマです。

ソレントには主に2つのパノラマスポットがあります。

  1. 市民公園 VILLA COMUNALE
  2. ヴィットーリア広場 PIAZZA
ソレント市内地図


旧市街を散策しながら絶景スポットに簡単にたどりつきます。
アマルフィ海岸とはまた異なる風景を堪能できます。
夕焼けも絶景です。

ソレントの夜景

街のそぞろ歩きは、タッソー広場から始まり、コルソイタリアの通りがメイン通り。
タッソー広場でカフェをしたり、お土産屋、レストラン、工房などが沢山ひしめく通りでお買い物をしたり、ソレントの散策は楽しくあっという間に過ぎていきます。

ソレントでお買い物

散策の途中には、「大聖堂」「サンアントニーノ大聖堂」「サンフランチェスコ教会の中庭」もありますので、是非覗いてみましょう。

そしてソレントで外せないものは、何と言っても美食。
観光客がひしめくメインストリートを通り過ぎて、「漁村」の雰囲気が漂うマリーナグランデで、本場の美味しいレストランを見つけることができます。
ヴィットーリア広場でパノラマを見た後、そのまま小道を下っていくとマリーナグランデにたどり着きます。

ソレントのマリーナグランデ

下のレストランで紹介する

  1. BAGNI DELFINO バンニ・デルフィーノ
  2. DA EMILIA ダ・エミリア
では美味しいソレント料理が味わえます!。

アマルフィ海岸の厳選おススメホテル

アマルフィ
ルナ・コンヴェント ★★★★

アマルフィの中心から徒歩5分のところにある4星ホテル。
修道院を改装して作られたので、中庭などのホテルの敷地も雰囲気があります。

  • 全室からアマルフィの海が眺められること
  • コストパフォーマンスがよいこと
  • 通年オープンしていること
  • シーズン中は街中の喧騒から少し外れられること。

がうれしい。

公式ホームページ http://www.lunahotel.it/
アンティコ・コンヴィット ★★★

アマルフィの中心にある3星プチホテル。
お部屋もきれいで可愛らしく、お手頃に心地よく過ごせるホテルです。
ジュニアスイートにはお部屋にジャグジーバスもあり、ハネムーンにもよいかも。

  • スタッフもとても親切
  • 中心地なので海の見えるお部屋はありません。
公式ホームページ https://www.lanticoconvitto.com/
ポジターノ
イル・サンピエトロ・ディ・ポジターノ ★★★★★

ポジターノの旧市街から2キロのところにあるデラックスリゾートホテル。
ポジターノの街を遠方に眺めながら、敷地でゆっくり過ごせる贅沢な空間。
市内から少し離れていても、希望に合わせていつでも市内へ無料シャトルで往復送迎してもらえるので心配なしです。

公式ホームページ http://ilsanpietro.it/
マリンカント ★★★★

ポジターノの旧市街の入り口に位置するおしゃれな4★リゾートホテル。
比較的お得にポジターノのパノラマが見られるのでおススメ。

公式ホームページ http://ilsanpietro.it/
パラッツォ・タラモ

ポジターノの旧市街にあるプチホテル。
各お部屋のバルコニーからは絶景のパノラマが望めます!

  • 全室シービュー
  • お部屋も清潔で広め
とお得感があります。
公式ホームページ https://www.palazzotalamo.it/
ラヴェッロ
パラッツォ・アヴィーノ ★★★★★

ラヴェッロの中心にあり、ホテル・カルーソと肩を並べる5星デラックスホテル。
素晴らしい絶景と抜群のサービス。
楽園にいるような心地で過ごせるところです。
お部屋は海側でないお部屋もありますが、せっかくここまで来たので是非デラックスシービュールーム以上のお部屋で過ごしたい。

公式ホームページ http://www.palazzoavino.com/
ホテル・グラール ★★★★

ラヴェッロ大聖堂からすぐそばのところにある4星ホテル。

  • 全室バルコニー付きシービュー
  • お安い料金でデラックスホテルと同様の絶景が得られる!
公式ホームページ https://www.hotelgraal.it/
ソレント
ベルビュー・シレーネ ★★★★★

モダンな5星デラックスリゾートホテル。

  • ヴェスヴィオ火山とナポリ湾の絶景
  • レストランもロマンチックで美味!
  • 観光へも港へも立地が抜群
公式ホームページ https://www.bellevue.it/
メゾン・ラ・ミネルヴェッタ ★★★★

ソレントの中心までお散歩がてら15分のところにあるスタイリッシュなブティックホテル

  • 全室シービューで、壁一面ガラス張りの窓からのパノラマが最高。
  • イタリアらしいおしゃれな内装
  • 美味しいレストランがあるマリーナグランデまでもすぐ
公式ホームページ https://www.laminervetta.com/
パラッツォ・タッソー 

ソレント旧市街にあるモダンでお手頃なホテル。

  • 全室リノヴェーション済みでお部屋もきれいでモダン。
  • ショッピングやお食事にも最高の立地
  • スタッフもフレンドリー
公式ホームページ https://www.palazzotasso.com/

美味しいレストラン特集

アマルフィのレストラン

リストランテ・マリーナ・グランデ Ristorante Marina Grande

テラス席からの眺めが最高のレストラン。
カップルで美しい眺めをみながら、美味しいシーフードに舌鼓を打つのもよいし、
サービスが良いレストランなので一人旅でも心地よく食事ができる。
公式ホームページ http://ristorantemarinagrande.com/

ダ・ジェンマ Da Gemma

アマルフィの中心広場の前にあるレストラン。
海の眺めはないけれど、テラス席でのんびり広場を眺めながら食事ができる。
本格的な美味しいシーフードが楽しめ、盛り付けも素敵。
公式ホームページ http://www.trattoriadagemma.com/

ポジターノのレストラン

ダ・ヴィンチェンツォ Da Vincenzo

ポジターノの中心から徒歩10分程度のところにあるレストラン。
海の眺めはありませんが、魚介類が美味!
いつも混んでいるので予約がベター。
公式ホームページ http://www.davincenzo.it/

イル・リトローヴォ Il Ritrovo

ポジターノの中心から車で10分程度のところにある見晴らしのよいレストラン。
パスタ、シーフード、デザート共に美味しい。素晴らしい景色を見に行くだけの価値もあります。
依頼すれば、ポジターノのホテルまで迎えに来てくれます。
公式ホームページ http://www.ilritrovo.com/

チェターラのレストラン

サンピエトロ

新鮮な魚介類を使った、シンプルながら美味しい味付けの料理が楽しめる。
イワシの魚醤コラトゥーラを使ったスパゲティ、カタクチイワシのマリネ、プローヴォラチーズとからすみのリゾットなど、おススめ。
店内は狭いので予約したほうがよさそうです。
公式ホームページ http://www.sanpietroristorante.it/

アクアパッツァ

サンピエトロと肩を並べるチェターラで有名なレストラン。
こちらも新鮮なコラトゥーラや新鮮なシーフードを使ったお料理が本当に美味しい。
からすみとイチジクのパスタ、カタクチイワシのマリネ、もちろんコラトゥーラのスパゲッティなど、お勧めもたくさん。
サンピエトロより少し凝ったメニューで、軍配はアクアパッツァ。
公式ホームページ http://www.acquapazza.it/

ファラレッラ

ホテルチェトゥス内のレストラン。 チェターラの中心から車道をアマルフィ方面へ500m進んだところにあります。バスで行く場合は、チェターラの次のバス停で降りれば150m。
少し中心から離れているものの、絶景のシービューを楽しみながら、美味しい創作料理を頂けるので、行く価値あり!
あさりと花ズッキーニのフレッシュパスタやタコのマリネなど、いずれもおススメ。
10月後半から3月末までは冬季休業です。
公式ホームページ http://www.hotelcetus.com/hotelcetus/falalella/

ソレントのレストラン

リストランテ・ムゼオ・カルーゾ Ristorante Museo Caruso

タッソー広場からほど近い所にある、かつてのオペラ歌手に因んでオープンされたレストラン。
店内には数々のカルーゾにまつわる写真がありエレガントな雰囲気です。
ロブスターのパスタや、デザートも美味しくオリジナリティがあるので見逃せません。
公式ホームページ http://www.ristorantemuseocaruso.com/

トラットリア・ダ・エミリア Trattoria da Emilia

マリーナグランデの海岸沿いにある家庭的なトラットリア。
ソレントの漁港を眺めながら雰囲気良くお食事ができるおススメの場所。
直接漁師さんから新鮮な魚を仕入れて料理してくれる。
ボンゴレとカタクチイワシのスパゲッティ、新鮮な魚のグリル等がお勧めメニュー
公式ホームページ http://www.daemilia.it/

バンニ・デルフィーノ Bagni Delfino

こちらもマリーナグランデの海岸沿いにあるレストラン。
海の上に建てられたテラスの席ならば、絶好のパノラマを楽しみながらリラックスして食事ができる。
新鮮なシーフードが自慢で、特に魚介の手打ちパスタとリゾットが美味しい!
夕焼け時もおススメ。
公式ホームページ http://www.bagniildelfino.it/

まとめ

「アマルフィ海岸のベストガイド」いかがでしたか?

南イタリアへの旅行を決めたら、ぜひアマルフィ海岸まで足を延ばしてみてください。

「フリーで気ままに!だけど大変な思いはしたくない・・・」という方は、
ホテルと送迎を任せて、あとはフリーでゆっくり。というのはいかがですか?
効率よく回ることができるおススメコースをご案内します。

ページの先頭へ